blog

Look566に乗って2ヶ月


[ 2011年8月22日 ] [ jukucho ] [ blog ]

抜群のコストパフォーマンスのFelt Z100(2008)を2年半乗り、Look566(2011)+シマノ105-8点セット標準的装備に乗り替えて約2ヶ月たちました。1週間に5日位13kmから18km走っています。Felt Z100Look566を比べるのはチョット酷のような気がしますが、Z100と比べてこぎ出しは確かに軽く、走行時の安定性はとってもよいです。路面の荒れた場所でもアルミのようなゴツゴツ感は少なく(というかマイルドで何かおしりの辺でコトコトしたな?という感じ)「時間があったら、もう少し走りたいなー」と思う程です。一番顕著なのが曲がりたい方向に体を倒しただけでスーッと曲がれてしまうことでしょうか。Z100はハンドルがカクンと急に切れる感じですが、566は思った通りに回ってくれる。例えるなら、昔乗っていたBMW328Ciのハンドリングのようです。ですから、今までかなり減速して曲がっていた細い道の直角カーブも、下手くそなこの私でさえ「…今のカーブいい感じジャン…」と思わせてくれます。そのうえ


Z100での下り坂のカーブは正直恐い時もありましたが、566はペダルを漕ぎまくってスピードを乗せても気持ちよく曲がってくれます。かなり傾けることも出来るので、曲がる方のペダルは上げて曲がらないと靴とペダルが地面に接触して危ない場合すらあります。
車体が軽くなった分上り坂も余裕ですが、以前Z100で登った近くの山道に行ってみたところ。登りの一番急な所では、もう1-2段でかい歯車が欲しい!と思ったほどです。やっとの思いで歩いた方が速いのではないだろうかと思えるくらいの速さで登り切れたものの、暑さと疲れで熱中症状態になるところでした。自分の貧脚力を考えて105コンパクトを選ぶべきだったかなと一瞬後悔。Z100はギヤーセットがsoraの前3x後8なので、かなり急な坂もそれなりに登ってくれたのですね。先日566のチェンを洗ったところ、案の定後ろのギヤーの小さい2枚は、ほとんど汚れていませんでした。汚れていないと言うことは使う頻度が低いと言うことですよね。ホイール交換より前の歯をコンパクト仕様に替える方が先ですかね。

※追記:ハハハ!105コンパクトT50-34 だった。うーん足を鍛えねば… でもプロショップでは普通の105のようなことを言っていたが、私の貧脚を加味して気を利かしてくれたのですね。お店は偉い文句なし!



Z100
はかなりお値打ちで7万強だったような覚えがあります。566で組めば最低でも30万超です。その差を考えると、Z100でもエクササイズなら十分と言うことです。ただ、566を知ってしまうと後には戻れません。信頼感というのか安定感というのか分かりませんが…。Z100はギヤーとブレーキの信頼度が今一なので、こまめに調整を行わないとギヤー飛びをおこします。山道でギヤー飛びを起こすとチェーンが外れる場合があり、ビンディングペダルだと転倒につながります。ブレーキは止まりたい時にはしっかり止まりたいものです。だったら、Z100も105の8点セットにすればよいのではと思いますが、ホイールも替えないと10枚の歯が付きません。と言うことは10万超えの出費になります。こう考えるとあれも替えよう、これもとキリがなくなってきますよね。どうしても完成車の場合はコストの関係でコスト削り部品があるのは仕方がないことです。そう考えるとフレーム組は無駄がないように思えます。もう一つはフレームのしっかりした完成車を購入して数年かけて自分の気に入った仕様に仕上げて行くと言う方法もありますね。フレームの善し悪しは雑誌の評だけでは分からないので、信頼できるプロショップで相談するといいと思います。(私は、決して自転車屋さんの回し者ではありません
Z100566組の差は、私のような未熟で貧脚で100%性能を引き出せない者にはいまのところ小さな差にしか感じられません。次回はホイールを替えてから、もう少し乗り込んで補足しようと思います。


体験学習申し込み
お電話でのお問い合わせは0569-49-0035まで
資料請求・お問い合わせ・体験学習お申し込みはこちら