blog

These kinds of jewelry are (   ) little value.


[ 2016年1月14日 ] [ asuki ] [ blog ]

文法問題で満点を狙うために

このポストではある高校の定期テストで出題された問題を取り上げます。「問題と答えはあるけれど、解説がないんですよ。」という、かわいい生徒のために、私が作成した解答を公開します。これは年越合宿で取り組んだものですが、反響が良かったのでブログでも掲載することにしました。ただ、受験生向けに書くので、結構簡素な解説になっていますので、高校2年生はついていけないと思います。そういう人はもうちょっと勉強してからみてください。

2016年1月10日から2016年度センター本番前日まで毎日配信します。出てくる文法知識としてはセンターを一部超える難度ですが、大事なのは正解までのアプローチです。私達が練習してきた、論理的に解くと云う「頭の使い方」をここで確認しておきましょう。

問題

下記の選択肢のうち適切なものを選び、和訳しなさい。

These kinds of jewelry are ( ) little value. 
① having ② of ③ with ④ without

解答

四択

方針

今回は②ofが正解。今回の選択肢は動詞一つと前置詞3つである。まずhavingは解答としてふさわしくないので真っ先に切ろう。次に前置詞の評価に入る。前置詞はある条件で名詞と結びつくと、叙述用法で使える形容詞句として扱えることがある。今回はof+抽象名詞が叙述用法となり、これが正解。叙述用法がわからない人はWe saw a lot of ( ) fish in the pond.の形容詞の用法解説を見てほしい。

ポイントの確認
状態動詞は進行形では使用しない

まず、①havingだが、haveは状態動詞として用いられるとき、通例進行形では使用しなかったことを思い出そう。この一点で①havingを切ることができた。

品詞分解をして用法を確定せよ

SVC構造が見分けられればそんなに難しくない。この中でCを形成できるのは②のみである。of+抽象名詞は形容詞句となり、そして珍しく叙述用法としての働きがある。「be動詞+of+程度を表す形容詞+抽象名詞」の叙述用法は頻出。程度を表す形容詞はgreatやNoやlittleなど。littleは「ほぼない」ということを表しているため、凖否定と言われるのは確認しておきたいところ。(a littleとの違いは必ず抑えておこう)今回はof+ little +value =valuelessと解釈。littleがlessに効いている。③withも抽象名詞とくっつくと副詞を形成するが、今回そう考えると、不完全文となり補語Cが不足してしまう。Withoutも同様である。よって今回は不適。

of,with+抽象名詞の用法

前置詞+抽象名詞で、形容詞や副詞のように用いられる用法を確認しよう。

大雑把に
①of+抽象名詞=形容詞
②with+抽象名詞=副詞
と捉えておこう。

①of+抽象名詞=形容詞
of+value=valuable
of+importance=important

②with+抽象名詞=副詞

with+ease=easily
with+more+care=more carefully

フィルタリング

解答に迷ったら下記のように縦と横でフィルタリングをしっかりかけると論点が見えやすい。薄青色の行と列がそれぞれのポイントを表しており、2つが重なった部分が正解を表している。 

  SVC(形容詞) SVM(形容詞) SVO(動詞)
完全文 ② of   ① having
※状態動詞
不完全文   ③ with
④ without
 

このように整理すると、今回は、①状態動詞の進行形は使えない①of+抽象名詞がわかっていたかがポイントとなっていた。

 和訳

この種の宝石には価値はありません。
These kinds of jewelry(S) are(V) of little value.(C)
=These kinds of jewelry(S) are(V) valueless.(C)

大切なことは、あっている間違っているではない。
少しでもあやふやなところがあれば、文法書で確認し、
問題集の類題で補強しておくこと。


体験学習申し込み
お電話でのお問い合わせは0569-49-0035まで
資料請求・お問い合わせ・体験学習お申し込みはこちら